車を売るのに査定額がアップするカーパーツは?

こんにちは!福井県福井市在住の酒井です。

車を買い替えるとなると、当然ながら今ある車は売らないといけなくなります。

そうなった時、元々買った時についていたカーパーツではなく、チャイルドシートのような、あとから取り付けたパーツというのはどのような扱いになるんでしょうね?!

車を売る際に買取ってもらえるんでしょうか?中には、査定額がアップするようなカーパーツがあったりするんでしょうか?気になったので調べてみることにしました。

 

車買取 パーツ

出展元:写真AC

 

車買取の際に、査定額がアップするカーパーツには以下のものがありました。

 

  • 先進安全技術(自動ブレーキ、誤発進抑制、車線逸脱警報)
  • バックモニター、サイドモニター
  • サンルーフ
  • レザーシート(シートヒーター、電動リクライニングとセットだとさらにプラスになる)
  • 電動スライドドア
  • 純正のカーナビ、ETCなど

 

基本的に標準装備されているカーパーツについては取り外しができないことが多いですが、カーナビやETCといった取り外しができるパーツに関しては、純正品以外は査定額がアップしづらい傾向にあるようです。

仮にカスタマイズして純正品ではないカーパーツを取り付けていた場合、純正品を持っていればマイナスになることは少ないですが、持っていないとマイナス査定になってしまうことが多いみたいです。

また、装備として取り付けていたパーツも、新車に買い替えるときに対応していないと不要になりますよね。その場合、車と一緒にカーパーツを買取してもらえない可能性が高いそうです。

そもそも、他社製のカーパーツは査定額にプラスしてくれない業者の方が多いらしく、場合によっては処分すらしてくれないこともあったりするので注意したいところです。

ですので、他社製のカーパーツを使用している場合は、面倒でも全て外して純正のカーパーツに戻したうえで売る方がいいということですね。

なお、、パンクや寿命で付け替えたタイヤ等に関してはそのままでも問題ないです。他社製のタイヤを付けているからといって査定額がマイナスになることは少ないからです。