未分類

車を売るのに査定額がアップするパーツは?

こんにちは!福井県福井市在住の酒井です。

車を買い替えるとなると、今ある車は売らないといけなくなります。

そうなった時、元々買った時についてきてパーツはそのまま持ってますが、あとから使いやすいパーツを取り付けたりもしています。

チャイルドシートもその一つなんですが、それらのパーツは買取してもらえるのか、査定額がアップが期待できるパーツはあるのかを調べてみました。

買取価格がアップするパーツは?

出典:フォトAC

査定額がアップする装備は、基本的には以下になります。

・先進安全技術(自動ブレーキ、誤発進抑制、車線逸脱警報)
・バックモニター、サイドモニター
・サンルーフ
・レザーシート(シートヒーター、電動リクライニングとセットだとプラスになる)
・電動スライドドア
・純正のカーナビ、ETCなど

基本的に設備としてついているものもあるので、取り外しができないものもありますが、カーナビやETCなどの取り外しができるパーツに関しては、純正品以外は査定額がアップしづらいということになります。

仮にカスタマイズして純正品と変わっているパーツがある場合、純正品を所持していればマイナスされることは少ないですが、持っていないとマイナス査定になってしまう可能性があります。

また、装備として付けていたパーツも新車に買い替えるときに対応していないと不要になります。

そうなった時に車と一緒に売ることができるのかというと、買取してもらえない可能性が高いようです。

他社製のパーツは査定額にプラスしてくれない業者の方が多いらしく、場合によっては処分もしてくれない可能性があります。

その為、他社製のパーツを使用しているのであれば、できれば全て外して純正のものを新しくつけた上で売る方が良いでしょう。

ただ、パンクや寿命で付け替えたタイヤ等に関しては取り外すことが困難なので、そのままでもOKです。

他社製のタイヤを付けているからといって査定額がマイナスになるといったことは少ないようです。